信用できる投資信託

投資信託の種類と詳細

投資信託の細かなお金の流れ

投資信託のシステムは、投資信託運用会社で形成され、証券会社、銀行、郵便局などの販売会社を通じて販売される。この投資信託を、投資家が購入すると、投資家は投資信託に対して投資をしたことになるのだ。販売会社は、この申込金を信託銀行に保管してもらうことになる。ここからは運用会社に資金の運用が委託され、運用会社が信託銀行に対して運用指図を行いつつ、株や債券の売買を行って、金融市場に対して投資を行っていくのだ。
その結果、運用成果が得られれば、分配金という形で、販売会社へ、次いで投資家へとお金がキャッシュバックされていく。もちろん、損をしてしまう可能性もある。その場合、投資信託を購入した際の規約に基づき、償還金として元金の一部が返済される。

信託投資の単位と金額

信託投資の取引の単位は「口」である。運用開始の際に信託投資を購入するという形をとるが、このとき1口いくら、という単位で購入する。実際に運用を開始すると、この1口の値段が変動することになる。この購入時の1口当たりの値段のことを、基準価額と呼ぶ。
投資信託のうち、投資家由来の金額を純資産総額と呼ぶため、純資産総額を購入されたすべての口の数の合計で割ることで基準価額を求めることができる。
この基準価額は、投資信託それぞれが組み入れている株や債券の時価評価によって刻一刻と変動するが、基本的に1日に1つの価額を設定し、公開される。取引はそれを基に行われる。
また、投資信託の決算のタイミングで得をした分の収益が保有口数に応じて、分配金として投資家のもとに分配される。


TOPへ戻る